Type your search keyword, and press enter

早生まれの子どもの小学校入学

小さいうちの子どもの発育の差は気になることが多いです。産まれたての頃から親が一番気になるのが、平均と比べて自分の子どもはどうなのかということですね。そして小学校入学頃に気になるのが、早生まれの子どもは学校でやっていけるのかということです。

昔は早生まれの子どもは1年学校に行くことを遅らせていた時代もあります。現在はそれはありませんが、1~3月生まれの子どもの親は、年度の始めの産まれの子とつい比べてしまいがちです。4月生まれの子どもも、3月生まれの子どもも同じ学年で学校に行きますが、入学時点では体格差もかなりあります。小さな体で大きなランドセルを背負って、長い距離を歩いていくことの心配もあります。他の子と比べて幼いような気もしますし、学校の授業についていけるのか心配になりますね。産まれてからまだ6年ちょっとしか経っていません。なのにもう親から離れて道路を歩いて登下校するのですからとても心配です。授業参観に行っても、他の子と比べてしまいます。

確かに体格は小さいかも知れませんが、これは早生まれのせいだけでもありません。親の遺伝もありますし、高学年になる頃にはその差はほとんど目立たなくなります。また勉強も1年生はとてもゆっくり進めていきます。急に難しい勉強をするわけではありません。そして椅子に長時間座って勉強するという経験は、みんなが初めてのはずです。年齢とは関係なく、落ち着きない子ども、聞きわけのない子どもはたくさんいます。ですから親は見守って、サポートしてあげることしか出来ません。

学校から帰って来たら、宿題を一緒にみてあげて、明日の用意も一緒にします。これは早生まれでもそうでなくても同じことです。4月の時点では6歳1カ月の子どもと6歳11カ月の子どもとの差は大きいかも知れません。学習の理解度も違うかも知れません。でも、これは年齢よりは個人差が影響する範囲のことです。低学年のうちは、その差を大きく感じて不安にはなりますが、その分こまめに子どものチェックをしてあげたらいいのです。中学年、高学年と成長していけば、その差はあまり不安に感じなくなるでしょうし、早生まれがハンデでも何でもないこともきっと分かります。

言葉の発達の遅れだけかな?

息子のことです。1歳半健診の時に言葉の発達の遅れを指摘されました。確かに他のお子さん達を見るといろいろな言葉を口にしているのに、息子は言葉がなく、指さしなどで意思を伝えてきます。その後、小児科で経過観察をしてもらうように指導され、何度か小児科の先生に診て頂きました。「男の子の言葉は遅いものだから心配要らない、大丈夫!」と、ママ友やお互いの両親からもアドバイスをうけ、小児科の先生も心配させないように気を付けてくれているのは分かるのですが、何も言葉を発さない息子に、「私の何が悪かったんだろう。話しかけが足りなかったのかな。読み聞かせが足りなかったのかな。」と自分を責めていました。

小児科の先生の紹介で、家から遠いところにある発達センターへ通うことになりました。

定期的に電車を乗り継いで何度も足を運ぶのですが、特に様子が変わることもなく、経過観察をしていただくばかり。発達センターで機嫌よく遊ぶ日もあれば泣き出して逃げ帰ろうとする日もあり、センターの中でも気を抜くことはできなかったので、体力的にも精神的にも通うのが厳しくなってきました。

通いだしてしばらくした頃、妊娠が分かりました。妊婦になってからも定期的に通ってはいたものの、やはり遠い場所への電車の乗継や、電車内で息子が騒ぎ出さないかとハラハラすることなどが辛く、お腹が大きくなったのを機に少し間をあけて貰う事にしました。2歳半頃になってもいくつかの単語しか出てこない息子を抱きしめて泣いていた日もありましたが、徐々に単語が繋がってきて2語になり、意志が伝わるようになってきました。本当に、他のお子さんに比べてかなり遅かったと思います。

その影響なのかどうか分からないのですが、幼稚園に通いだしてもお友達に積極的に言葉で話しかけることはなく、引っ込み思案で先生にも「○○したい」という意思を伝えることができず、黙って言われるがままの様子が見られ、とても悩みました。先生に言われたことをうまくできなかった時も、「違う」、「そうじゃなくてこうしたかったんだ」などと弁解することもできず、黙って泣きながら俯いていました。だいぶ言葉は追いついてきたと思うのですが、他のお子さんより言葉で意志を伝える経験が少ない為、自分に自信をもてなくさせてしまったのではないかと心配になってしまいます。

2歳の子供が夜なかなか寝てくれず困っています

我が家には2歳半になる娘がいますが、夜なかなか寝てくれず困っています。

これは赤ちゃんのときからずっと続いている悩みで、これまでも「寝やすい環境を整える」、「朝の光をたくさん浴びさせる」、「昼寝を短くする」、「日中たくさん運動させる」など、いろいろな方法を試してきました。自分なりに早く寝せるよう努力しているつもりですが、周りからは「親の生活パターンが影響しているだけじゃない?」というような言い方をされ、辛い思いをしています。

中には「子供なんて寝たい時に寝て起きたい時に起きればよい」と言う人もいますが、やはり夜寝る時間が遅いと、子供の発育に影響が出てしまうようです。よく言われているのは深夜12時前に成長ホルモンが多く分泌されるという話で、そのためには乳幼児は8時から9時までには寝る必要があります。夜遅くまで起きている子供は大きくなってから情緒が不安定な傾向にあり問題行動を引き起こす可能性があるなど、発育面以外でも様々な影響があるようです。

夜寝ないという問題は、朝なかなか起きられないことにもつながります。朝は家族そろって朝食をとりたいのですが、父親が食事をする時間にどうしても起きられず、結局父親が仕事に出かけたあとに母親と二人で朝食をとることが多くなってしまっています。夜は父親の帰宅時間がバラバラなので、せめて朝はしっかり家族で食事をしたいのですが、早寝早起きの習慣をつけないとなかなか実現できず困っています。無理やり起こして食卓につかせることもありますが、眠そうにしていてあまり食べなかったり、泣き出してしまったりして、とてもかわいそうになってしまいます。

娘は最近保育園に通いだしましたが、結局寝るのは10時半~11時になってしまっています。朝8時半に保育園に行き、食事や午睡は規則正しく行っているのですが、なかなか早寝早起きの習慣が身に付きません。寝る時間は9時くらいが理想ですがせめて「10時には必ず寝ている」という状況を作るべく努力しているところです。
現時点では娘はまだ2歳ということもあり、ほかの子に比べて体が小さいとか言葉が遅いといった発育上の問題は感じていませんが、このままの状態が続くようであれば、今後様々な面で問題が出てくるのではないかと不安でいっぱいです。

子どもの離乳食から世間の常識の思う

現在、1歳2ヶ月になる息子がいます。生まれたときから母乳で育て、特に大きな病気にもかからずにすくすく元気に成長してくれています。さてそんな中、1歳を境に不安になりだしたことがわが子の離乳食事情です。

一般的に離乳食の手引きというものには、はじめはおもゆからスタートとか、1回食から2回食へ徐々に食べる回数を増やしていくとか、赤ちゃんがよく食べてくれる離乳食のレシピの紹介とかいろいろな情報が提供されています。そんなことをマニュアル本やママ雑誌で眺めていた私は、1歳になると自然と乳を離れ、ご飯を食べるようになるんだろうなと漠然と考えていました。

ですが、うちの息子。ぜんぜん離乳食を食べないんです。ぜんぜんというのは言い過ぎかもしれませんが、1歳2ヶ月になる彼の食の割合は現在も母乳が8割9割位を占めています。ご飯をあげても10口いかなかったり、根気よくあげても下をベーと出して受け付けてくれなかったり…。ご飯の味付けや食感好みじゃないのではとか、食べさせる時間帯がいけないのかなとか、あれこれ試行錯誤しましたが失敗におわりました。さらには自分の母親や姑から「まだおっぱいあげてるの?」「ご飯、これだけしか食べないの?」と追い討ちの一言。「私の毎日の育児をみてないくせに!」とストレスが爆発しました。

しかし、せっかくの子育て。母親の特権であるわが子の成長を近くでみれることなんて今しかありません。それなのに離乳食の進み具合を気にしてイライラしてわが子をかわいいと思えなくなるなんて、そんな悲しいことはありません。何より自分がそんな生活を望んでいなかったので、ある時期から腹をくくり、息子のペースに任せることにしたのです。

それからは、離乳食のストレスが皆無になったとはいいませんが、あきらかに息子と楽しいと思える時間が増えましたし、息子にあわせていた食生活も自分が食べたいもの基準にすることで心穏やかになりました。

そうしていく中で感じたことは、子どもの発育にしかり成長にしかり、きまりきった答えはないんだということです。

離乳食を何の問題も無く始められる子もいれば、歩き出すのが早い子もいる。しかしそれとは逆に、1歳をすぎてもおっぱいしか飲まない子やハイハイしかできない子もいる。それは、ただできるだけできないだけの問題なのに、できないことが異常だ、普通じゃないことなんだと、私は無意識にマニュアルとか世間の常識に翻弄されていたんだと思うんです。思えば、1歳で離乳食完了というのも、女性の育児休業等、社会の決まりごとから作られた、なんら根拠の無い誰かが作り上げたものです。また今ある常識も、5年後10年後、もしかしたら明日には覆されているものも少なくありません。そんなことに振り回されるなんて時間がもったいないと思いませんか。

これからも子供の発育で不安に思うことは多々でてくると思います。それでも、子供だけではなく自分も含め、「私の答えはこれ。この道を行く」と世間に流されない、自分で導いていく自立心を養っていかなくてはと、息子の離乳食から学んだのです。

●食生活の偏りで便秘になった時に参考になった記事:子供のうんちが固い | 赤ちゃん便秘解消法.com

アスペルガーの子供がいじめられないか不安です

幼稚園年長の息子がアスペルガーと診断されました。他害行為がなく、パニックになっても割と短時間で立ち直れるタイプだったので、幼稚園生活でもあまり困った様子はありません。他にもこのくらいのパニックやこだわりのある子もいたり、もっと手のかかる子供も沢山いますよ。との幼稚園の先生の言葉は安心しますが、周りの子達が成長するにつれて、息子への違和感を感じ始めたようです。

 

息子は昆虫が大好きで、図鑑を見て、大人も覚えられない種類や地域、特性などを覚えています。どうしても昆虫の話ばかりしてしまい、お友達に「また昆虫の話?」と言われてしまっているのを見て、小学校入学がとても心配です。

 

 

知能は通常から、少し高めなので、お勉強の内容についていけないということはないと思いますが、授業を皆と一緒に落ち着いて受けることができるかというと、親の目から見て怪しいと感じています。

 

アスペルガーと、最近は多動傾向も出てきて、じっと椅子に座っていることがつらいようです。教室を出ていってしまったりすることはないですが、椅子に後ろ向きに座ったり、その場で立ったりと、周りの子達がしっかりとすわっていられるようになったから、とてもめだってしまっています。

 

また、自分の知っている事柄について園長先生がお話していると、自分もそのことについて喋りたくなってしまい、集会の最中に勝手に発言してしまうのも、困った行動です。

 

その都度注意をしても、どうしても治りません。だから「発達障害」なのですが、こんなときに親としてどうしたらいいのかが分からないんですよね。

 

小学校に入ると、親が見ていない時間がぐっと増えます。担任の先生を信用するしかないですが、からかいや、いじめの対象にはなるだろうと心構えはしています。入学の時にアスペルガーであることを学校に伝えるのは、いい面も悪い面もあるそうで、それも不安の1つです。

発達障害についてきちんと理解して、経験もある先生は、その子どもに適切な対応ができますが、もともと偏見を持った先生がまだまだいるそうで、「アスペルガーはしつけが悪い 」「何度言っても治らないからバカだ。」と、子供の自己価値を下げるような対応をしてしまうとか。
本やネットで色々と調べていますが、小学校生活が一番不安です。

健診で言語発達について指摘を受けました

2歳3ヶ月になる長男の発育で不安を感じているのは『言語』についてです。

言葉の発達については「一人目は遅い」「男の子は遅い」と聞いていたので、これまであまり気にはしていませんでした。しかし市で開催されている2歳児検診で初めて「2語文が出ていない」「単語の発音が不明瞭」という指摘を受けて「もしかしてウチの子遅れてるの?」と不安にかられました。

この頃の言語発達は個人差が大きく、これから一気に追いつく可能性も十分あるため、2歳半でもう一度健康相談に来るように言われたのですが、一度指摘された発達への不安はかなり大きく、暇さえあればインターネットで言語発達や発達障害について検索し、一喜一憂する日々が続いています。

市やNPO法人で開催されている子育てサロンなどに通っては、同じくらいの月齢の子を見つけて観察し、自分の子との差や違いをついつい気にしてしまったり、その子の親と何気ない世間話をするように話しかけては、家での様子を聞き出そうとしてしまうこともあります。

たまに「うちも上の子が言葉すごく遅かったけど、今はよくしゃべりますよ~」とか「うちは3歳まで単語1つもしゃべれなくて絶対発達に問題があると思っていたら、3歳の誕生日を機にいきなり文章をしゃべり始めました」という話が聞けると心底ほっとする自分がいます。

健診から3ヶ月ほど経ち、今はちらほら2語文が出始めていますが、単語の不明瞭さはあまり変わりません。
例えば「りんご」→『んご』、「ポケモン・ドラえもん」→『ん~もん』、「しんかんせん」→『しん~しぇん』と、母親である自分以外には理解されないであろうと思われる単語もたくさんあります。

ただ幸いなことに、こちらの話している事は概ね伝わっている様子で、手づかみ食べしている最中に「スプーンで食べなさい」と言うと思い出したようにスプーンで食べ始めますし「コップ持ってきて」と言うとちゃんとコップをもってきます。

言葉としては正しく発音できておらず、俗にいう宇宙語状態ではありますが、何かを伝えようとする様子も見られるため、明らかに発達に問題がある状態ではなさそうという気がしています。

今後の検診でどうしても気になるようであれば、専門医の診断を仰ぐことも考えるべきですが、診断がつくのも怖いという思いもあります。

しかし一番重要なのは、もし長男が何かしら問題を抱えているのならば、しっかりサポートしてあげるという点です。まずは発達を促すべく、子どもと接する時間を増やしていきたいと思います。