Type your search keyword, and press enter

言葉の発達

私には今1歳7ヶ月の娘がいます。出生体重は3600gを超えて大きめに育ち、肌が少し弱いこと以外は特に何もなくすくすくと育っていました。つかまり立ちや、歩き始めも早く、歯もかなり早めに生えそろいました。身長や体重も大きめなので、1歳を過ぎたあたりからよく2歳と間違われるくらいになるほどです。身体面での発達は良好だと思います。しかし、娘は1歳7ヶ月の今も発語らしきものはありません。

電話を持ち私の真似をして「はい」と言ったり、座るときに「よいしょ」と言うくらいで定番の「ママ」「ワンワン」「抱っこ」などは言わないのです。同月齢の子たちや、娘よりも数ヶ月小さい子たちですら「ママ、抱っこ」などの二語文を話しているのに、ひとつも単語が出てこないのはとても不安に思っています。

先月行われた1歳6ヶ月検診では、こちらの言う言葉は理解できているし、問題なくコミュニケーションも取れるのでいずれ言葉を話し始めるようになる、と言われましたがやはり不安です。言葉の発達が不安だ、とどこに相談しても言われることは上記の検診で言われたことと同じことしか言ってもらえません。ここでそうなんだ、いずれ喋るようになるんだと安心できればいいのでしょうが、やはり周りの子たちと比べると明らかに遅れている我が子を見ると不安になります。

テレビはあまり見せていないつもりだったのですが、少しでもついている状態が悪かったのではないか、活発で落ち着きが無いから読み聞かせなんてできないと今まで絵本の読み聞かせをあまりしてこなかったのが良くなかったのではないかなど後悔が尽きません。

それから、もうひとつ不安なのが、場所見知りや人見知りをせず落ち着きがないということです。支援センターや先ほどの検診でも、うちの娘だけすぐに私から離れておもちゃへ一目散でした。お遊戯の時間も保育士さんのお話が聞けず、うちの娘だけずっと歩き回って落ち着きがなく、母親である私は周りのお母さんたちにずっと謝り続けました。

保育園の一時保育に預けても、全く泣かないので逆に不安です。これまで愛情不足だったため母親以外の人に愛情を求めているのではないか、それとも発語がないことも合わせてなんらかの発達障害があるのではないかととても不安です。

二歳五か月の息子の言葉の遅れ

今二歳五か月になった息子の言葉の遅れが気になっています。今言える言葉は十個ほどです。しかも発音が怪しくはっきりとした言葉になっていません。よく見てみると舌の動きがうまくないようで言葉を発するときに舌が丸まっていたり横になっていたり歯より前に出ていたりといった普通の舌の動きではないように見えます。私が顔を近づけ言葉を真似するように言うと従って言葉を繰り返すのですがまったく発音が合っていないのです。

本人は言っているつもりのようで楽しそうにしていますが私が何度も繰り返すといやになるのか話さなくなります。あいうえおを順番に言っていくとカ行まではなんとか聞き取れますがあとは全部同じ感じで言えていません。単語も二語の言葉なら言えるものもありますが三語以上になると言えずあーあーあーといった調子です。夫も子供の頃話すのが遅かったようなので夫と夫の両親はあまり心配はしていないようで私だけが焦っています。

一歳半検診では二歳になっても二語文を話せなければ連絡してくださいと言われました。

一歳半の時点でも少し言葉が遅いかなと言われましたがまだ気にしなくてもいい段階だったので真剣には考えていませんでした。
今は二歳五か月になったので保健センターに相談した方がいいのかなと思いますがそういう施設に連絡するとまるで息子が障害があるかのように思えるので中々できません。

早く連絡をして専門家の人に見てもらった方が息子のためかとも思いますがまだ大丈夫と言い聞かせている自分がいるのです。言葉が遅いということはもしかして発達障害なのか自閉症なのかと暗い気持ちになってしまい落ち込んでしまったので友人に相談すると息子を見ていると自閉症の子には見えないと言っていました。

確かに話せないだけでこちらの言っていることは理解できているようですし息子も自分の意思を伝えようと一生懸命です。自閉症の子は視線が合わないとかこだわりが強すぎるといった傾向があるようですが息子には当てはまらないように思います。発達障害という言葉は聞いたことはありますがどういう症状なのかよくわかりません。ただ言葉が遅いのは発達障害の一つだと聞いたことがあるのでもしかして息子も発達障害なのではないかと心配です。

身長と体重が少なめで食が細い

去年に初めての子どもを出産しました。出産日は予定日に産まれたのですが体重は2600グラムと小さめでした。未熟児ではなかったものの入院中に小さめの赤ちゃんの育て方のレクチャーを受けたりしたので、普通の赤ちゃんと比べて大事に育てなければいけないなと思いました。入院していた産院が母乳中心とした考えを持ったところだったので、出産直後から母乳を吸わせていましたが、小さめな赤ちゃんのためか吸う力も弱く吸っていてもすぐに疲れてしまい寝てしまいます。いつもどれだけ母乳を飲んだのか赤ちゃんを体重計に乗せるのですが20ミリリットル位しか飲んでいないので仕方なく吸いやすいミルクも併用して育てていきました。

退院してからはミルクを飲まなくなってしまい母乳を頑張って搾り量を増やしていきました。それでも身体は小さめなままでいつも体重計に乗せては気にしていました。その割には寝返りが3ヶ月目という早さでとても驚きました。身体が身軽なため動きやすかったのかもしれません。

乳児の検診に行くとやはり成長曲線の一番下でした。小さめに生まれたのだからすぐに追いつくとは言われませんでしたがそれでも周りの赤ちゃんと比べてしまいはやく大きくしないとと焦っていました。

5ヶ月ごろから離乳食を始めました。食が細いのでほんのひとさじしか食べられませんでしたが、7ヶ月ごろから5さじほど食べられるようになりました。少しずつ食べられるものを増やして行こうと思いましたが好き嫌いが激しく野菜や卵などは嫌がり、口に入れても吐き出されてしまいます。食べられるものはおかゆとりんごの摩り下ろしたものとお豆腐と白身魚でした。本当にこれだけで栄養が足りているのか心配しながら過ごしていました。

また、歯が生えるのが遅く9ヶ月でやっと下の歯が2本生えてきました。そのためか離乳食もなかなかポタージュ状のものからつぶつぶ状へと進めずに悩んでいました。子どもがあまり食べてくれないことは思った以上に親にストレスがかかります。その私の気持ちが子どもに伝わって食事の時間があまり楽しいものになってなかったなと思います。
また小さいと風邪にもかかりやすいのか体調を崩すことが多かったのも心配の一つでした。

●関連記事:子どもの離乳食から世間の常識の思う

早生まれの子どもの小学校入学

小さいうちの子どもの発育の差は気になることが多いです。産まれたての頃から親が一番気になるのが、平均と比べて自分の子どもはどうなのかということですね。そして小学校入学頃に気になるのが、早生まれの子どもは学校でやっていけるのかということです。

昔は早生まれの子どもは1年学校に行くことを遅らせていた時代もあります。現在はそれはありませんが、1~3月生まれの子どもの親は、年度の始めの産まれの子とつい比べてしまいがちです。4月生まれの子どもも、3月生まれの子どもも同じ学年で学校に行きますが、入学時点では体格差もかなりあります。小さな体で大きなランドセルを背負って、長い距離を歩いていくことの心配もあります。他の子と比べて幼いような気もしますし、学校の授業についていけるのか心配になりますね。産まれてからまだ6年ちょっとしか経っていません。なのにもう親から離れて道路を歩いて登下校するのですからとても心配です。授業参観に行っても、他の子と比べてしまいます。

確かに体格は小さいかも知れませんが、これは早生まれのせいだけでもありません。親の遺伝もありますし、高学年になる頃にはその差はほとんど目立たなくなります。また勉強も1年生はとてもゆっくり進めていきます。急に難しい勉強をするわけではありません。そして椅子に長時間座って勉強するという経験は、みんなが初めてのはずです。年齢とは関係なく、落ち着きない子ども、聞きわけのない子どもはたくさんいます。ですから親は見守って、サポートしてあげることしか出来ません。

学校から帰って来たら、宿題を一緒にみてあげて、明日の用意も一緒にします。これは早生まれでもそうでなくても同じことです。4月の時点では6歳1カ月の子どもと6歳11カ月の子どもとの差は大きいかも知れません。学習の理解度も違うかも知れません。でも、これは年齢よりは個人差が影響する範囲のことです。低学年のうちは、その差を大きく感じて不安にはなりますが、その分こまめに子どものチェックをしてあげたらいいのです。中学年、高学年と成長していけば、その差はあまり不安に感じなくなるでしょうし、早生まれがハンデでも何でもないこともきっと分かります。

言葉の発達の遅れだけかな?

息子のことです。1歳半健診の時に言葉の発達の遅れを指摘されました。確かに他のお子さん達を見るといろいろな言葉を口にしているのに、息子は言葉がなく、指さしなどで意思を伝えてきます。その後、小児科で経過観察をしてもらうように指導され、何度か小児科の先生に診て頂きました。「男の子の言葉は遅いものだから心配要らない、大丈夫!」と、ママ友やお互いの両親からもアドバイスをうけ、小児科の先生も心配させないように気を付けてくれているのは分かるのですが、何も言葉を発さない息子に、「私の何が悪かったんだろう。話しかけが足りなかったのかな。読み聞かせが足りなかったのかな。」と自分を責めていました。

小児科の先生の紹介で、家から遠いところにある発達センターへ通うことになりました。

定期的に電車を乗り継いで何度も足を運ぶのですが、特に様子が変わることもなく、経過観察をしていただくばかり。発達センターで機嫌よく遊ぶ日もあれば泣き出して逃げ帰ろうとする日もあり、センターの中でも気を抜くことはできなかったので、体力的にも精神的にも通うのが厳しくなってきました。

通いだしてしばらくした頃、妊娠が分かりました。妊婦になってからも定期的に通ってはいたものの、やはり遠い場所への電車の乗継や、電車内で息子が騒ぎ出さないかとハラハラすることなどが辛く、お腹が大きくなったのを機に少し間をあけて貰う事にしました。2歳半頃になってもいくつかの単語しか出てこない息子を抱きしめて泣いていた日もありましたが、徐々に単語が繋がってきて2語になり、意志が伝わるようになってきました。本当に、他のお子さんに比べてかなり遅かったと思います。

その影響なのかどうか分からないのですが、幼稚園に通いだしてもお友達に積極的に言葉で話しかけることはなく、引っ込み思案で先生にも「○○したい」という意思を伝えることができず、黙って言われるがままの様子が見られ、とても悩みました。先生に言われたことをうまくできなかった時も、「違う」、「そうじゃなくてこうしたかったんだ」などと弁解することもできず、黙って泣きながら俯いていました。だいぶ言葉は追いついてきたと思うのですが、他のお子さんより言葉で意志を伝える経験が少ない為、自分に自信をもてなくさせてしまったのではないかと心配になってしまいます。

健診で言語発達について指摘を受けました

2歳3ヶ月になる長男の発育で不安を感じているのは『言語』についてです。

言葉の発達については「一人目は遅い」「男の子は遅い」と聞いていたので、これまであまり気にはしていませんでした。しかし市で開催されている2歳児検診で初めて「2語文が出ていない」「単語の発音が不明瞭」という指摘を受けて「もしかしてウチの子遅れてるの?」と不安にかられました。

この頃の言語発達は個人差が大きく、これから一気に追いつく可能性も十分あるため、2歳半でもう一度健康相談に来るように言われたのですが、一度指摘された発達への不安はかなり大きく、暇さえあればインターネットで言語発達や発達障害について検索し、一喜一憂する日々が続いています。

市やNPO法人で開催されている子育てサロンなどに通っては、同じくらいの月齢の子を見つけて観察し、自分の子との差や違いをついつい気にしてしまったり、その子の親と何気ない世間話をするように話しかけては、家での様子を聞き出そうとしてしまうこともあります。

たまに「うちも上の子が言葉すごく遅かったけど、今はよくしゃべりますよ~」とか「うちは3歳まで単語1つもしゃべれなくて絶対発達に問題があると思っていたら、3歳の誕生日を機にいきなり文章をしゃべり始めました」という話が聞けると心底ほっとする自分がいます。

健診から3ヶ月ほど経ち、今はちらほら2語文が出始めていますが、単語の不明瞭さはあまり変わりません。
例えば「りんご」→『んご』、「ポケモン・ドラえもん」→『ん~もん』、「しんかんせん」→『しん~しぇん』と、母親である自分以外には理解されないであろうと思われる単語もたくさんあります。

ただ幸いなことに、こちらの話している事は概ね伝わっている様子で、手づかみ食べしている最中に「スプーンで食べなさい」と言うと思い出したようにスプーンで食べ始めますし「コップ持ってきて」と言うとちゃんとコップをもってきます。

言葉としては正しく発音できておらず、俗にいう宇宙語状態ではありますが、何かを伝えようとする様子も見られるため、明らかに発達に問題がある状態ではなさそうという気がしています。

今後の検診でどうしても気になるようであれば、専門医の診断を仰ぐことも考えるべきですが、診断がつくのも怖いという思いもあります。

しかし一番重要なのは、もし長男が何かしら問題を抱えているのならば、しっかりサポートしてあげるという点です。まずは発達を促すべく、子どもと接する時間を増やしていきたいと思います。