Type your search keyword, and press enter

様々な変わったクセを持っている

28歳男性です。妻は32歳女性です。我々には1歳になったばかりの女の子かいます。とてもかわいらしい子で、毎日が幸せです。

発育に関してですが、正直ウチの子供はよいほうだと思います。寝返り、座り、ハイハイ、たっち、歩きと、どれも早かったです。(よくある子供に関する本に載っている参考地よりはやかったり、同世代の子供と会わせた時よりもウチの子のほうが色々活発です。)また、身体だけでなく、本を読んでもらうのも好きで、キャラクターに指を指したり、楽しんでいます。おまけに生まれてから1,2回しか風邪をひいておらず、自慢の娘です。

心配な点ですが、危ないケガが二回ありました。1つ目はお茶をひっくり返して火傷しました。もうひとつなおはしを持ってこけてしまって、眼の近くをケガしました。あの時は本当にゾっとしました。

そして、発育に関して不安に感じていることなんですが、娘には変なクセがあります。まず、私か妻がトイレで用を足していると、必ずやってきます。妻が娘の相手をしていて、気をそらしている時でも、自分が用を足すと必ずドアも前にやってきて、バンバンバンバンバンバンと戸を叩いてきます。逆もまた然りです。次に、娘は靴フェチです。歩いている途中にしゃがみこんで、靴のマジックテープを剥したりします。それはまぁ全然問題ないと思うのですが、靴が大好きで、リビングまで靴を持ってきてしまします。そして、靴をなめてしまうのです。3つ目はお茶を飛ばす事です。娘は喉が渇いている時はちゃんとストローからゴクゴクと飲み物を飲めるのですが、あまり喉がかわいていない時に自分のお茶の入った容器を見つけると、お茶を口に含んで、そこらじゅうに吐き散らします。おかげで床はベットベトです。自分が風呂からあがってきた時に、お茶で濡れた床を踏んでしまった時は、めっちゃテンション下がります。しかも娘自身も濡れた床ですってんころりんして何度も泣いているのに、いっこうにその行為を辞めようとしません。

以上のことから、ウチの子は有難い事に特に障害もなく、健康で元気な子なのだとは思うのですが、性格的に、将来変なフェチになったり、変わった趣味を持ったりしないか心配しています。社会性はあるようなので、他の子供たちと沢山触れ合わせることによって常識を覚えてくれればと思います。

夫へのプレッシャー

結婚してからすぐに子供が欲しかったのですが、実際に授かるまで1年半かかりました。

自然妊娠でしたし、不妊治療をされた方に比べるととりたて苦労はしていないのかもしれませんが、授かることが出来るまでは悩みました。

夫とは2年近く同棲し結婚したので、二人きりの時間は十分楽しんだと思い私は早く子供が欲しいと考えていました。

夫は子供はいづれ欲しいけど1年くらいは二人の時間を作ってからで良いのではないか、と子作りの時期について意見が分かれました。

私の周りの友人は妊娠出産ラッシュで、産まれた赤ちゃんを見たり、妊娠報告を聞くと「ああ、いいなぁ。」と思い少し焦りがありました。夫と意見が合わないことへも焦っていました。

結婚半年くらいの頃に夫へ子供を作りたいことを本気で訴えると、夫も「そうだね、そろそろかな。」と子作りを開始することとなりました。

3か月は自然に任せていたのですが、夫の仕事が忙しいこともあり、夫婦生活を行うタイミングが合いませんでした。生理が来ると「はぁ、来てしまった。」とがっかりしました。

3か月過ぎたころから排卵日に合わせて出来るだけ夫婦生活を行いたいことを夫に言うと、一応意識して頑張ってくれました。

しかし「今月はこの日が排卵日だからね。早く帰ってきてね。」というと、ムードも無くなり義務のようなっていきました。

プレッシャーを感じていたようです。そのせいか途中で中断してしまったり、ということが多くなってしまいました。

「ごめん、今日は疲れてる。」と言われると仕方ないと思いながら、「明日から私が夜勤だから、今日しかチャンスが無いのにな。」と言ってしまうこともありました。「疲れてるからしょうがないじゃん。」と言い争いになることもありました。

夫婦関係が殺伐としてきて、夫婦生活自体行えなくなりそうになり、これではまずいと思いました。

友人に相談したところ、「排卵日前後にといっても正確じゃないし、プレッシャーになるよ。それよりは排卵日関係なく3日に1回くらいを目安にしたら私はすぐ出来たよ。」と言われました。夫を追いつめてしまっていたことを反省しました。

そのため、排卵日気にするのはやめよう、と夫に言い自然に任せることとしました。

そのころから夫の仕事も落ち着き、プレッシャーも無くなったので、自然に夫婦生活の回数が増えていきました。自然に任せて3か月くらいしてから無事授かることが出来ました。