恋愛と結婚の大きな違いは、恋愛中は様々な夢を見ていられますが、結婚すると日々の生活を共にするという現実に直面することだと思います。私達夫婦が、毎日の生活の中で仲良く円満に暮らす為にしていることについてお話します。

一番大切にしている言葉があります。それは「ありがとう」という言葉です。当たり前のことと感じることでも、ありがとうの一言があると嬉しいものです。そして、ありがとうと言う時は、きっと誰でも笑顔になっていると思います。夫婦がお互いに感謝の気持ちを伝え合うことで、お互いの大切さを感じられると思います。

週に一回は、二人で外食に出かけます。これは私達の習慣にしていることですが、週に一回はお洒落をして食事に行きます。必ずしも高級なレストランではありませんが、カジュアルなレストランであれば、カジュアルなお洒落をして出かけるというような感じです。恋愛していた頃のように、新鮮な気持ちを忘れないために、大切にしている習慣です。

喧嘩をしないために、言いたいことはひと呼吸おいてからにする。喧嘩の原因は、他愛もないことから始まることが多いものです。相手の一言にカチンとくることは、日常茶飯事だと思いますが、売り言葉に買い言葉の対応をすると、お互いに怒りが増幅していってしまうので、何かにカチンと来たら、即座に言い返すのではなく、少し間を置くようにしています。それでもどうしても喧嘩になってしまったら、次の日まで持ち越さない努力をしています。「ごめんなさい」を言える気持ちの余裕は、忘れないようにしています。

お互いの一人の時間を尊重し合うことも大切です。夫婦でも、出会う前からのそれぞれが大切にしている人間関係や、趣味などはあると思います。結婚したら全てを共有しよう、と思うのは理想論としてありますが、それでは息が詰まってしまいます。お互いの自由な時間を尊重し合うことは、意外と夫婦円満な生活を送る上で大切なことだと思います。いつも一緒が仲良しということではなく、それぞれが一人の人間として尊重し合うことは大切です。

共通の友達を増やして行く努力も大切にしています。結婚生活を始めて、新たに知り合う共通の友人関係は、お互いの価値観を共有するために大切にしています。結婚してから知り合う人たちは、同じ価値観を持っている人たちである場合が多いので、より良い夫婦関係にしていくためのヒントを得られることも多いので、刺激を受けられます。

細かいポイントは沢山ありますが、おおまかに考えると以上のことが、私達夫婦円満の秘訣だと考えています。