一人目とはやはり私は全く違うと良い意味でも悪い意味でも感じました。まず一人目よりも苦労した事は上のことの係わり合い方と育児にかかる時間が、今までは一人の子供だけにかけれていたのが、そうではなくなってしまって、二人の事をしなければ行けなくなってしまって、時間配分が難しかったです。

上の子のやきもちもうちの場合はかなりあったし、お出かけする時は今までは自分が片手に子供でよかったのが、二人目が産まれてからは、片手に上の子、片手に下の子のベビーカーか手を引いて歩くので、まったく持って自分が身動きがとれない事にきずきました。買い物をしている時がやはり最初は本当に困りました。片手が空くことが全くないので、買い物をした物をどうやって持って帰るか、しかも子供がぐずってしまった時にどちらかを抱っこしてしまうと持って帰れなくて、私は後から取りに来ますからと言って、お店に預かってもらって子供だけ持って帰ったことが何回かありました。

病院も同じで同時に調子が悪くなってしまった時に、二人を一人で連れて行ったときに、レントゲンを取る事になってしまって、まだ小さいので子供と一緒に中に入らないといけないけど、もう一人の子供は入れなくて、一人を看護師さんに預けたらギャン泣きしてしまって、収集が着かなくなってもう本当に疲れてしまいました。それからはできるだけ旦那か実家に協力してもらって一緒に病院に行ってもらうようにしてもらいました。

でも下の子が1歳位になった頃からは楽に感じる様になってきました。一人の時は遊ぶのも親とでしたが、兄弟で遊んでくれるようになったので、少しですが、家事に集中できる時間が増えたのと、貸したり借りたりを、遊びながら、喧嘩しながら覚えていく事が自然に出来て行く様に感じていたので、喧嘩をしても何だか微笑ましく感じる事も多かったです。

それに一人目で経験した事があったので、泣いていても良い意味でこれくらいならしばらくは見守っていても大丈夫だというのが何となく感でわかるようになっていたので、気持ちの面では、何で泣いているのかがわからなくて、おろおろする事は私はあんまりなかったです。病気も同じでこれ位の熱と症状なら今から救急に連れて行かなくても、明日の朝まで様子を見ても大丈夫だと判断が出来る様になりました。結果として二人目が生まれてから1年間は親も二人に慣れるのが大変。でも慣れてしまったら要領がつかめてきて良い意味で手抜きができるので、総合したら私は二人目の方が楽でした。