結婚してからすぐに子供が欲しかったのですが、実際に授かるまで1年半かかりました。

自然妊娠でしたし、不妊治療をされた方に比べるととりたて苦労はしていないのかもしれませんが、授かることが出来るまでは悩みました。

夫とは2年近く同棲し結婚したので、二人きりの時間は十分楽しんだと思い私は早く子供が欲しいと考えていました。

夫は子供はいづれ欲しいけど1年くらいは二人の時間を作ってからで良いのではないか、と子作りの時期について意見が分かれました。

私の周りの友人は妊娠出産ラッシュで、産まれた赤ちゃんを見たり、妊娠報告を聞くと「ああ、いいなぁ。」と思い少し焦りがありました。夫と意見が合わないことへも焦っていました。

結婚半年くらいの頃に夫へ子供を作りたいことを本気で訴えると、夫も「そうだね、そろそろかな。」と子作りを開始することとなりました。

3か月は自然に任せていたのですが、夫の仕事が忙しいこともあり、夫婦生活を行うタイミングが合いませんでした。生理が来ると「はぁ、来てしまった。」とがっかりしました。

3か月過ぎたころから排卵日に合わせて出来るだけ夫婦生活を行いたいことを夫に言うと、一応意識して頑張ってくれました。

しかし「今月はこの日が排卵日だからね。早く帰ってきてね。」というと、ムードも無くなり義務のようなっていきました。

プレッシャーを感じていたようです。そのせいか途中で中断してしまったり、ということが多くなってしまいました。

「ごめん、今日は疲れてる。」と言われると仕方ないと思いながら、「明日から私が夜勤だから、今日しかチャンスが無いのにな。」と言ってしまうこともありました。「疲れてるからしょうがないじゃん。」と言い争いになることもありました。

夫婦関係が殺伐としてきて、夫婦生活自体行えなくなりそうになり、これではまずいと思いました。

友人に相談したところ、「排卵日前後にといっても正確じゃないし、プレッシャーになるよ。それよりは排卵日関係なく3日に1回くらいを目安にしたら私はすぐ出来たよ。」と言われました。夫を追いつめてしまっていたことを反省しました。

そのため、排卵日気にするのはやめよう、と夫に言い自然に任せることとしました。

そのころから夫の仕事も落ち着き、プレッシャーも無くなったので、自然に夫婦生活の回数が増えていきました。自然に任せて3か月くらいしてから無事授かることが出来ました。